最小限のお金で楽しく豊かな生活

〜老後に備えた生活の知恵〜株の損失を補填しながら家族4人普段は最小限のお金で楽しむ生活を心がけています!

貯金も大事!貯筋も大事!

みなさん、筋肉育ててますか?

 

えっと、いきなり変なこと言っているという自覚はあります(笑)

でも、聞いてください。

貯筋は幸せな生活に直結していると私は最近感じています。

 

f:id:kirarich:20210116230005p:image

 

 

・祖父母を見ていて感じたこと

もうすぐ90歳になる祖父は昔農業をしていましたが隠居してだいぶ経つ今でも自分の身の回りのことは全て自分でし、筋肉も夫よりあるのではないかと思うくらいあります。歯も丈夫で、なんでもバリバリ食べています。

姿勢も良く、受け答えもしっかりしているなぁと会うたび感心してしまいます。

 

同じく90歳近い祖母は、20年ほど前に転んで大腿骨を骨折してしばらく寝たきりの生活になり、足の筋力が落ちてから、ガクガクっと弱くなった様に感じます。今ではほとんど歩けず、物忘れも酷くなってきています。

 

2人に会うたび、夫と『自分の足で歩ける筋力をキープしなくてはいけないね!』とよく話します。

 

NHKでたまたま知った衝撃の事実

つい先日、お昼頃にたまたまNHK総合をつけていたら、健康に関するパネルディスカッションで、お医者さんが『歳を取ると若い時と体重は同じで痩せていても、中身が違ってくるんです。筋肉は痩せ衰えて、脂肪が増えます。』という感じのことをサラリと話されていました。

 

いえ、もちろん知ってましたよ?

 

同じ体重でも、体のラインが緩むのは、ガードルの役目を果たしている筋肉が衰えてきているからだ!と。

 

でも、今回はその筋肉の衰えが大きな病気を引き起こしやすい的な内容で、見た目だけの問題じゃなく、病気予防のためにも適度な運動と筋肉の保持を習慣づけなければと強く感じたのでした。

 

 

・運動嫌いの私が続けていきたいこと

頭では筋肉大事とわかっていても、私は運動がとても苦手です。

自慢にもなりませんが、運動習慣なんて人生で一度も身についたことがありません。

 

しかし、老後の夢(キッチンガーデン)のためにも、いつまでも元気に自分の足で歩きたいという希望のためにも、以下の3つだけは最低限毎日続けていきたいです。

 

①肩回し

②足パカ運動

③スクワット

 

・まとめ

最小限のお金で幸せに過ごしていくために、健康であることはとても素晴らしい条件だと思っています。

今はまだ大きな病気もしていませんが、体がどこも、不自由ない今だからこそ少しずつ運動し筋肉を蓄えていく必要があると考えています。

最近、正月太りしてしまったのも気になっているので。。

 

①②③の運動続けた様子をまた報告できたら!と、考えています(^^)